こちらは読みましたか「もっと仕入れるべきひじき!作りやすい絶品レシピ3選!ヒ素解説も
瀬戸内海は潮の流れが複雑なせいか、そこで揉まれて身が締まり美味になる魚が多いという印象で、同じ種類でも関東では大味のためあまり好まれないといった種類も散見されます。ベラの仲間のキュウセンという、熱帯魚を思わせるような鮮やかなイエローグリーンが印象的な30センチほどの魚も、関東では食用として名前の挙がらない種類になっています。食用どころか、キュウセンという魚の名称自体マイナーな面もあり、写真などで姿だけ見ると、どこか南洋の魚といった印象を抱かれがちです。そもそもカラフルな魚という外見から、美味しそうというよりは、熱帯魚として飼いたくなる人が少なくないと言われ、釣果のキュウセンを大きめの水槽で飼い始めるケースも散見されます。
瀬戸内海沿いの各地では、キュウセンは美味の魚料理に変身し、多く人の舌を喜ばせています。ことに広島では「キュウセンのはぶて焼き」が名物郷土料理の一つとして、昔から人々に愛されています。「はぶて焼き」という料理は、キュウセンだけの料理方法ではなく、全般的に煮魚にして美味しい種類に、焼くという手間を加えて新たな美味を引き出すといったレシピです。キュウセンの場合、いったん煮つけにしたものを冷まし、あるいは冷蔵庫で一晩寝かせて、それを焼いたものが「はぶて焼き」と呼ばれます。煮つけにしたものをわざわざ寝かせ、改めて焼くという手間に加えて、煮つけられたキュウセンは身が柔らかく崩れやすくなっていることから、それを上手に焼くには、相当の手際の良さと熟練度が要求されます。一説には、料理に慣れないお嫁さんが作る羽目となり、上手く焼けずに「はぶてる」から「はぶて焼き」と呼ばれるようになったと言われています。はぶてるは「ふて腐れる」「すねる」といった意味合いで、広島方面では、焼き崩れたキュウセンを前に、ふくれっ面になったお嫁さんが少なくなかったことが推察される料理名です。
人間のお嫁さんはキュウセンが上手く焼けずにはぶてることになりますが、キュウセンの場合、生まれてしばらくは、ほとんど場合「お嫁さんしかいない」という状態です。なんとキュウセンは、最初はメスとして生まれ、その一部がある時期からオスとなるという、性転換する魚です。性転換はベラの種類では少なくないと言われ、キュウセンの場合、その特徴とも言えるイエローグリーンが際立ち、体長30センチほどの大きめサイズのほうが、メスから変化して大きく育ったオスということになります。釣果としてはぶて焼きになる運命なのは、どちらかと言えばオスと思われ、キュウセンのお婿さんが人間のお嫁さんに、はぶて焼きにされるといった構図となります。